カードローンとキャッシングはどのように違っているのでしょうか?カードローンというのは、クレジットカードなどで借り借入したお金をリボ払いで返すのが、大きくキャッシングと違っていることです。

キャッシングとは、担保なしで借入ができること、基本的に使途が自由であることは同じです。

リボ払いというのは、一定額を毎月返すもので、融資期間がキャッシングよりは長くなる場合が想定されます。

一般的に、低い10%台の利率になっているため、同じ額をキャッシングで借入する場合よりも返済額は毎月相当低めになります。

しかし、完済した場合のトータルの返済額は、キャッシングの場合よりも多くなります。

また、全ての借金を返済している途中に返すこともできます。

一方、キャッシングというのは、クレジットカードなどを使用してお金を借入することです。

最近は、現金がATMだけでなく、直接銀行の口座に振込されるものもあります。

キャッシングしたお金の使途は自由です。

しかも担保なしで利用できます。

返済する方法は一括で次の月に支払います。

担保がない融資であるため、リスクが融資する金融機関側にとってはあることなどから、高めの利率になっているのが一般的です。