いくらお金が足りなくて困っているとはいっても、カードローンの利用には慎重になるべきです。お金が足りないということは、収入に不安があるということです。その状態で一時しのぎのためにカードローンを利用したとしても、根本的な解決にはならない場合があります。それではカードローンが救いになるどころかむしろ負担になってしまいますので、そういうときは躊躇するのも決断のひとつです。

 カードローンを利用しても大丈夫なシチュエーションは、収入のメドがきちんと立っているときです。収入のメドがきちんと立っているのだけれど現時点でお金を持っていない、そんなときはカードローンを利用してお金を借りても問題はないです。その見極めさえ間違えなければ、後で頭を抱えるようなことにはならないはずです。

 また、カードローンを利用することによって返済がどうなっていくのか、そして肝心の金利はどうなるのかなど、サービス全体についてあやふなままで利用しないことが大事です。周りが何となく利用しているから雰囲気に流されてよくわからずに利用するというのが一番駄目で、それだけはしないようにすべきです。カードローンは利便性の高いサービスですが、利用するときには注意が必要です。