お金を借りる時、銀行カードローンがよいかそれとも消費者金融がいいかと迷う人もいるとおもいます。

銀行のカードローンと消費者金融とでは違いがあることを知っているでしょうか。

使い方や限度額によって使い分けをする事が賢い借り方なのです。

消費者金融と聞いたら取り立てが怖いとか金利が高いと悪いイメージが先に出てしまいがちですが、実は以前のようなイメージではなくなっているのです。

テレビはインターネットなどの広告などでよく見ることがありますが、今では手軽に借り入れが出来るようになりまた、若い人や女性も借りやすくなっているのです。

銀行のカードローンはどうかといいますと、銀行に対して安心感や信頼感があるため銀行でお金を借りることにはあまり抵抗を感じなく後ろめたさもないことから銀行で借りる人も増えて来ています。

それではどう違うのかと言いますと、条件がことなるのですが年齢や安定した収入があるのかは同じになっています。

消費者金融で年齢は20歳以上と条件を満たしていますが、専業主婦は安定した収入がないことからお金を借りることはできませんが、主婦でもアルバイトやパート勤めをしていれば借り入れは可能となります。

数ある銀行でも一部でしたら専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば借り入れが可能となることがありますが、基本的には収入があれば安心して申し込むことができます。

消費者金融と銀行のカードローンの違い2つ目は、法律の違いで消費者金融には賃金業法という法律ができこの法律は年収の3分の1までしか借り入れができない総量規制というものがあるのです。

銀行は金融業ではないので銀行法という法律があり、銀行は消費者金融とちがい総量規制というものがないのです。

3つ目として比較をするならば、どちらもインターネットから申し込みができわざわざ店舗に行ったり時間のかかる郵送をしなくて済むという便利さは同じです。