おそらく大半の方は、専業主婦ではカードローンを利用できないと考えているのではないでしょうか。

たしかに貸金業法の施工により、専業主婦の方は消費者金融のカードローンを利用できなくなりました。

配偶者貸付制度はありますが、この制度は配偶者の方の書類などたくさん必要になりますし、なにより利用できる消費者金融が極端に少なくなりますので、あまり利用価値はないと言えます。

ということは、専業主婦ではカードローンが利用できないのでは、こう考えるわけですが、あくまで貸金業法は消費者金融を対象にした法律であることを大前提に覚えておく必要があります。

つまり、銀行のカードローンであれば、専業主婦の方でも問題なく利用できるケースが多いのです。

特に大手銀行のカードローンは専業主婦の方を対象に貸付していますし、現に専業主婦の方が審査に通っていることも珍しくありません。

以上のように専業主婦の方は銀行のカードローンを利用することで、お金を借りることができます。

ただし、一点注意しておくべきポイントがあります。

それは専業主婦の方は○○万円までしか貸付しないという規約が銀行によって設けられていることがありますので、その金額の範疇で問題ないか確認したうえで審査を受けるようにしましょう。